しゅうさえこのアフタヌーンカフェ saekosyu.exblog.jp

歌手 しゅうさえこのブログ。


by soundecho
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:言葉( 5 )

 セトさん・・


NHK『おかあさんといっしょ』で私が第14代うたのおねえさんとして出演していた時のたいそうのおにいさん、瀬戸口清文さんが、31日、ご逝去されました。


私が番組出演を始めた当初、学生気分が抜けず、楽しい楽しいでいつもフワフワしていた私にたくさんのことを教えてくださった方、セトさん。


たいそう「ぞうさんのあくび」や「ちょんまげマーチ」での華麗なバク転、子供席での遊び歌ほかキラキラした笑顔で毎日子どもたちと向き合っていらした姿から私は多くのことを学びました。


私が番組卒業した後も、仕事や生活環境が変わるたびに勇気の出るアドバイスをいつも細やかに下さり、私は何度もその言葉に救われ励みにしながら頑張ってきたように思います。


悲しいです・・・。


セトさんは、番組をご卒業されてから今まで、幼児の運動教育の分野でご自身の理想の形を開拓すべく全力で駆け抜けてこられ、素晴らしい作品を次々と作り出されてきました。


まさに本物の「元気」「笑顔」を愛する幼児教育者、瀬戸口清文さん。


ご冥福を心よりお祈りしています。



昨年7月には、NHK「おかあさんといっしょ」で大変お世話になった大脚本家であり大作詞家の井出隆夫さん(山川啓介さん)が天国へ旅立たれてしまいました。


山川啓介さんとしても著名な方ですが、
「おかあさんといっしょ」の番組では「井出隆夫」というお名前で、じゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりが登場する人形劇『にこにこぷん』の原作・脚本や、あたたかく優しさあふれる歌(作詞)の数々を作られ、子どもたちにたくさんの夢を届けてくださった方です。私はどの歌も大好きです。


昨年、井出先生が急にいらっしゃらなくなり悲しみに暮れそうになった時、空から先生の叱咤激励が聞こえてきたような気がしました。


きっと今もそう。。


井出先生、セトさんに教えていただいたたくさんの心を大切に、これからも歌っていこうと思います。



[PR]
by soundecho | 2018-03-04 19:22 | 言葉
あけましておめでとうございます

新しい年の始まり、
いかがお過ごしですか?!

今年も、元気に!楽しく!
音楽と共に歩んでいきます~♪

みんなが、 心身ともに健康でいられますように!

今年も よろしくおねがいいたします。

2015年1月1日

しゅう さえこ


~鎌倉宮も、うっすら雪化粧~
f0026093_151711.jpg

[PR]
by soundecho | 2015-01-01 22:01 | 言葉

キック オフ!

今日は、高校生の息子のラグビー、公式戦を観戦した。
とっても遠い会場だったけれど、お喋りをしながら遠足気分の道中は、あっという間に感じた。

人工芝での試合は、なかなかの熱戦。
怪我にもマケズ、相手方のものすごい声援にもマケズ、雨にもアワズ、熱~い心の応援の
甲斐あって(?!)勝利を決めた瞬間は、さすがに興奮した・・オホホ・・(^^;)

f0026093_2354558.jpg

アリガトウ(^。^)v



心地良い疲れに、
今晩は、すぐにでもぐっすり眠れそう・・・・・zzz
[PR]
by soundecho | 2006-06-06 23:30 | 言葉

『Believe』 ビリーブ!

映画==久し振りに温かく素朴な映画に出会った。

・・・知的発達障がいのある人たちを撮影したドキュメンタリーはこれまでにも数々あった。
でも、彼ら自身が、カメラを扱い、マイクを片手にインタビューをし、記録するとしたら? 信じられないかもしれない。しかし、9人のBelieve撮影クルーは、それをやり遂げた・・・(監督メッセージより)

1月から始まったこの作品、東京ロードショーは3月31日までだそうです。
あと数日ですが、まだご覧になっていない方は、是非いらしてみて下さい!
見終わった後、とても澄んだ気持ちになりますよ、きっと!!
 http://www.able3-believe.org/ (この映画の詳しい事はこちらまで)


~~ 別れと出会いの多い季節、 “Believe”という言葉を胸に、希望をもって未知の明日に
向かい進みたいな・・・なんて思うこの頃です ~~
[PR]
by soundecho | 2006-03-27 01:27 | 言葉

NO SIDE

f0026093_23295888.jpg

今日、ラグビーの試合を観に行った。
“NO SIDE”は、ラグビーの試合で終了を意味する言葉。
全身でぶつかり合う激しい試合が終わると、敵味方の区別はなくなり、両サイドがひとつになる。勝負の伴うスポーツにおいて、とても気持ちのいい大好きな言葉だ。



昔、 “ユーミン“こと松任谷由実さんが出されたアルバムに『NO SIDE』というタイトルのものがある。A面とB面のあるLPレコードで作られた“NO SIDE”に込められた意味に、当時とても感動した。


いろんな物事に通じるような気がするこの言葉。

今日も、“ノーサイド”のホイッスルは風に乗って大きく響いた。
[PR]
by soundecho | 2006-01-15 23:34 | 言葉